blog
Entries
下ネタ

下ネタをあなどるなかれ。
て、お前が言うんかい!ってハリセンが世界各地から飛んできそうだけど
実際、取り扱いには少々注意が必要だと思います。
下ネタからユーモアも知性も品も全部無くなったら、
それは只の不愉快な話。
迷惑メールフォルダにたまり続ける残念なぐらいひねりのない精力剤の広
告や、下品なオヤジ週刊誌の見出しと、たちまち同じレベルです。

品も理性も何もかも無くして猥褻になるのは、セックスにおいては大変素
晴らしいでしょうけれど、下ネタでやったらアウトでしょ。

幸い、私のまわりはウィットに富み上品かつ鋭く、しかし実に下らね~〜
という、下ネタの王道を外さない紳士淑女ばかり。
ライバル?!に恵まれました 笑。
私もいつだってそうありたいものです。


あれ?
下ネタってそんな難しいのって頭を抱えてる?
そんな迷えるエロ羊の皆さんにはこの本を。
この人の下ネタセンスは群を抜いてるよ、マジで。
もう本当、大好き、押野素子様♡
2006~2011年のbmr(ブラック・ミュージック・リヴュー)に掲載されてい
た彼女のコラムが書籍になって発売されてます!嬉しす。
スラングの中でも特に移り変わりの激しい黒人スラング界、言葉としては当
然旬が過ぎてるものも多いのですが、この方の熱視線、いや下視線、
いわゆるスキモノ・スイッチ (©押野さん) はエヴァーグリーン!!!!


word.jpg

Close
contact
「※」は必須項目です。
会社・団体名
お名前※
電話番号 (ハイフン"-"は付けないでください。)
メールアドレス※
お問い合わせ内容※
会社・団体名
-
お名前※
-
電話番号
-
メールアドレス
-
お問い合わせ内容
-
上記の内容でよろしければ【Send Message】を押してください。